5つのスタイル カタログ請求

くらしづくり

檜+ふたつの風が抜ける家

長持ちする家

外断熱をする事で外壁の内側と構造材の間にふたつの風が抜け、湿気をためず快適な状態を保ちます。
土台には檜を使用する事で防蟻耐性も図り、構造材を健康に保つことで家の寿命を延ばします。

  • 内断熱のみ

    外壁側の1ヶ所しか通気しないので、
    断熱材が結露しやすくなります。
    そのため、構造に使用する金物の錆にも
    つながり、家の耐久性が落ちてしまいます。

  • 外壁側と構造材間のふたつの風が抜けることで、断熱材が
    結露しにくくなり、家の健康を永く保ちます。
    また、耐久性の良い『檜材』を構造材に使用することで
    家の骨格を丈夫にします。

くらしづくり