5つのスタイル カタログ請求

くらしづくり

あまはじ

“あまはじ”とは、沖縄のことばで軒に出た『ひさし』のこと

沖縄特有の民家建築様式である"あまはじ"を取り入れることで、夏の蒸し暑さを凌ぎます。
この"あまはじ"の下にできたスペースは、屋内と屋外との間にできた「あいまいな空間」とも呼べる存在。
家族や友達とお茶やおしゃべりを楽しむなど、コミュニケーションの場としても活用できます。
この空間も、室内から連続する住空間と捉えプランニングをいたします。

  • あまはじイメージ

    あまはじイメージ

  • 日照
  • 雨天

「あまはじ」のはなし

私はハウスメーカーで働いていたことがあります。
そこで建てる家には軒のある家はほとんどありません。
なぜなら、坪単価いくらで売る場合、軒があると軒先は延べ床面積に入らないので坪単価が上がってしまいます。
なので、自分でご提案する家は坪単価があがっても軒先を作りたいと思い、
「あまはじ」という軒をだす設計手法をとりいれて提案いたします。

また、これからの省エネ住宅には太陽熱を取り入れたり、遮断したりする必要があるので、
「あまはじ」がパッシブエコ住宅には非常に役立っています。

宮﨑達也

くらしづくり